人材育成の進め方|会社の研修にはeラーニングがおすすめ|臨機応変に活用できる
男性と女性

会社の研修にはeラーニングがおすすめ|臨機応変に活用できる

人材育成の進め方

会社

評価のフィードバック

企業では採用した従業員を育成し、自社に貢献できる優れた人材にしていくため、様々な取り組みを行います。人材育成の為には教育訓練が欠かせませんが、同じ位重要なのが人事考課です。人事考課とは定期的に従業員の成績、保有能力、仕事への取り組み方などを評価して従業員にフィードバックする取り組みです。また、評価は処遇に反映される他、人材育成していく上での参考資料にもなります。人事考課する上での評価項目は各企業が自社の育成方針などに照らして独自に決定しますが、人事労務コンサルタントなど外部の専門家のサポートを受けることもしばしばあります。また、評価は従業員自身と上司の双方が行い、人事考課面談の場で突合せをしたうえで、上司が部下に今後頑張るべきポイントを伝えることが一般的です。

考課者の重要性

人事考課は処遇に反映されることもあって、直属の上司が1次評価を行った後も、さらにその上席者によって2次評価、3次評価が行われることが多いです。それでも1次評価の内容が2次評価、3次評価で大きく変わることはないため、直接の上司がいかに客観的な評価を行うことができるかが人事考課のキーとなります。考課者である上司は、ともすれば自分の好き嫌いで評価を付けてしまいがちですし、また恣意的な面が無いにしても、すべての部下について標準の評価をつけてしまったり、人事考課を行う直前の印象で評価をつけてしまうといった評価のエラーも往々にして起こります。そのため、各企業とも管理職など人事考課を行う立場の者には考課者訓練を行い、できる限り客観的で正しい評価を行えるような取り組みをしております。